読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Active Careのススメ

アクティブケアとは

Active Care のススメ 第一章 肩こり、頸椎のアクティブケア

肩こりのアクティブケアにおいて、一番重要なのはなんといっても肩甲骨にあります。

前述したように肩こりの多くは血行不良が原因ですので、血行をよくすれば良いのですが、肩周辺の肩甲骨に多くの毛細血管があり、それを刺激することが肩こり退治の第一章になるわけですね。

最初の3つは私のオフィスでも必ずお伝えするもので、水分補給とアイシングと合わせて行うことで患者さんのなんと8割近くの方の肩こりが改善されています。

 

急性期の場合はRICEを基本とした、安静期を48時間程度とり、その上でアクティブケアを始めることをお勧めします。

 そしてこれは大前提になるのですが、
全てのアクティブケアは痛みがないように行うことが基本になります。

 

そしてアクティブケアにおいて一番いけないことは

‘何もしないこと’です。

その次にしてはいけないのは

‘やりすぎる’ことです。

 

一般の方に一番良いのは、簡単な体操(一日2-5分以内)の物を、毎日ほどほどに行う事です。日本のみなさんは歯をみがくのに、‘身体をみがく’ことはあまりしない方が多いと感じます。身体をみがくこととはすなわちアクティブケアのことで、最初のうちはリハビリとして行っていることも、症状が良くなってきたら、それは、予防の体操になるのだとおもっていただくのがよいでしょう。身体もみがかなければ錆ついたり、虫歯のような状態にもなりかねません。簡単な体操が毎日行えるようになったら、少しづつ時間を伸ばしていくのが理想だと思います。

 

ご自分の好きな運動やスポーツを取り入れることができれば、より良い結果を導きだすのは簡単に予想がつくと思います。

 

ではまず一つ一つ体操を見ていきましょう。